家族信託された物件の売却

公開日:

カテゴリー: 大分でマンションを売却したいときに読むブログ

こんにちは^0^ 売却オンリーワン担当の幸です。

いよいよ年末ムード一色となってきましたね。

弊社も今週末忘年会を開催します。今年一年の総括もそろそろですね!!

さて今日のお話は・・・家族信託された物件の売却について

「家族信託ってなに??」という方がほとんどかもしれません。

この数か月、家族信託で登記された物件売却(特にマンション、戸建て)に関するご相談が増えてきました。

そこで先月いただいた相談をご紹介します。

====================================================================
 
お父様名義の戸建てには現在誰も居住しておらず、お父様も施設に入居され、親族間で家族信託の方法を検討し、

専門の司法書士に相談、信託登記をおこないました。登記後その戸建てを売却しようと思い、受託者であるご長男が、

とある不動産会社に売却の相談に行かれたそうです。
 
その業者様は、信託登記をされた物件の登記事項証明書を見てすぐさま、「当社は信託登記された不動産の取扱はできません」

と一蹴、門前払いだったそうです。

ご長男もさてどうしよう・・・誰に相談しよう・・・とお悩みになり、登記手続きをおこなった専門司法書士の先生に相談をさ

れました。

その司法書士の先生と弊社はお取引を頻繁にしておりますので、弊社をご紹介いただき、ご長男様とご面談させていただいた

という事例です。
 
「家族信託」という手続きが周知されはじめ、今後は信託手続きの相談、その後の売却相談も増えてくると思います。

そこで次回より3回に分けて、家族信託した物件売却時の留意点とその時に困らないためにQ&A形式でお伝えいたします。
 


 

Q&Aは以下3項目

Q1:信託された物件の売却はできる?
Q2:信託の取決め事項(条項)に“売買”の記載項目がない場合は?
Q3:信託受益権の売買はできる?

お楽しみに!!